*

フランクアジャバペッターさんのレイキワークショップに参加して今まで非公開のテクニックを学びました。

皆さん、こんにちは。
レイキの創始者・臼井先生から林先生へ
そして山口先生へと直伝された直伝靈氣の師範.眞田時成です。

さて今回は2日間にわたり開催されたフランクアジャバペッターさんのレイキワークショップに参加させて頂きました。

純粋に直傳靈氣本部が主催したレイキ施術者のためのワークショップです。

20140413-182721.jpg

今回の内容は濃かった☆

内容が少しというか、かなりディープなので

キチンと理解して伝えないと誤解や間違い、問題などが起きてしまうという理由で
元々、創始者臼井先生健在の時代や臼井靈氣療法学会・直傳靈氣の千代子先生などには伝えられていたのですが、あえて今まで公開してこなかった内容でした。

今までは非公開であったレイキ施術実践のための特別な技術です。

僕も教えて頂いて、これはやはり伏せておくべきだな〜と思いました。

僕も西洋レイキも学びそれ以外にも、エネルギーヒーリングや古神道・スピリチュアリズム・修験道・密教などの様々な勉強をして来たので、分かるのですが、

レイキは純粋に「手をあてる」だけで行える癒やしの技術なんですが

そこに少し難しい考え方や技術が入ってくると

純粋に「手をあてる」だけで行える癒やしの技術=シンプルな癒やしの技術

がシンプルでなくなってしまうと思うんです。

優れたものはシンプルである。 僕は本当にそう思っています。

現に今までレイキの特別な技術を知らなくても、全く問題なく施術も出来て来ましたし

かなりいい結果も沢山出てきています。

でも!やっぱり今回は参加して得られるものが多かった!

靈氣の奥の深さや凄さを実感しました☆

 

フランクアジャバペッターさんと2ショット☆

20140413-182755.jpg

フランクアジャバペッターさんはドイツ人で現在はギリシャに在住です。

ドイツで「THIS IS REIKI」という本を出版されています。

ドイツで出版するということはそれに対する社会的信用もしっかりしているということらしいです。

そして、ペッターさんは、この本の20年にわたる取材を通して、
歴史に埋もれて知られていない情報や、時代の変遷で伝授されずに消えてしまった靈氣の技術、日本発祥の靈氣がアメリカにわたって世界に広まり再び日本に逆輸入された経緯の詳細など今まで公開されていない様々な部分等を知っている世界でただ一人の人物です。

直傳靈氣の山口会長と共著でレイキの本も出版しています。
20140413-182828.jpg

 

今回は記念にこの本を購入して

(内容は殆どが直傳靈氣の教科書に載っています。ただ・この本は英語です。。。)

ペッターさんにサインを書いて頂きました☆

20140413-182840.jpg

20140413-182848.jpg

 

今回は懇親会もあったので、プライベートな話でもすっごく盛り上がりました^^ ペッターさんも僕も子供たちととっても仲良しだし、大好きなので、そこは意気投合して

ペッターさんの住むギリシャの島に僕の子供たちを連れて遊びに来てね!って話になって^^♫・・・絶対行きたい☆^^

飛行機代貯めようっと^^

 

 

ペッターさんと僕とドイツの直傳靈氣大師範の女性で3ショット☆

20140413-182807.jpg

日本て意外とエネルギーヒーリングや靈氣には疎いようでレイキ人口は世界で30万人とも50万人とも言われていますが、その殆どが日本以外の方で直傳靈氣でもその資格保持者の半数は日本の国外の方です。

 

今回のワークショップの修了証を頂きました☆

20140413-182820.jpg

今回の内容はブログには書くことは出来ませんが、僕の直傳靈氣のセミナーや

エネルギーワークショップの際に少しづつお伝えして行きたいと思います。

 

 

毎日が穏やかでありますように^^

 

 

 

↓応援クリックお願いいたします^^

応援クリックありがとうございます☆

 

 

心身改善眞田流 代替医療で心・身体・靈(たましい)を調える施術で健康のお手伝いをさせて頂きます。

レイキマスター・直傳靈氣師範・腱引き師・古代療法師・整体師
レイキマスター・直傳靈氣師範・腱引き師・古代療法師・整体師
レイキマスター・直傳靈氣師範 眞田時成。
いわゆるレイキセミナー屋さんではありません。40年以上続けている代替医療の研究で実際に改善効果のあった施術や知識をまとめ眞田流として『レイキと整体』のテクニックで病院ではなかなか治らない痛みや痺れなどの解消や原因不明の体調不良改善のお手伝いをさせて頂いております。

2012年に東京表参道から広島に移り、現在は広島市の中心部で整体院を開業しています。
長い間 体調が優れずお困りの方や病院ではなかなか治らない症状でお困りの方は諦めずにご相談下さい^^
整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院
眞田流整体療術院ホームページ改善例

LINEでのご相談も賜ります。


僕の思う本物のレイキとは、系統や種類ではなく「本当に癒せるレイキ」です。西洋レイキでも日本のレイキでも本当に癒せるなら本物のレイキになると思います。僕は縁があって治療の技術がきちんと伝えられている直傳靈氣を真剣に取り組んでいます。

皆さんと一緒に癒やしの和を広げていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

ブログの実例を基に施術をされる方は自己責任でお願い致します。



詳しいプロフィールはこちら

youtube『レイキと整体の基本』


レイキとは?

古代療法とは

現在開催決定のセミナースケジュールはこちらを御覧ください。

関連記事

マクドナルドのハンバーガーは食べないにこしたことはない。

みなさんこんにちは。 さて、もうご存知の方も多いと思いますが マクドナルドのハン

記事を読む

古代療法基本修得セミナー第0回開催レポート・ 金銀のペンで描くだけで小顔リフトアップ&コリや痛みを解消☆家庭の健康維持に役立つ代替医療

皆さんこんにちは! 古代療法師・直傳靈氣師範の眞田時成です。 さて、先日の2015年 9

記事を読む

改善率85% その場で治る四十肩 五十肩の痛みを無くし動きを良くする治療と改善方法の研究。

今日は京都に来ています。直傳靈氣の師範として基本をしっかり見直すべく直傳靈氣研究会本部でセミナーの再

記事を読む

お父様の自宅療養で少しでも元気になればとレイキ習得。レイキセミナーレポート☆大阪で 直伝靈氣 初伝,奥伝セミナーをさせて頂きました。2015年 7月

みなさんこんにちは。 直伝靈氣師範の眞田時成です。 今回は大阪で手の癒やし・レイキヒーリング

記事を読む

アトピーをアロマ精油で緩和する研究事例② その後

さて、その後また数日が過ぎ かゆい!のも随分と気にならなくなり 皮膚も随分と綺麗になって来ました^^

記事を読む

寝る前に突然 唇が腫れてビックリ!とにかく腫れが引くように古代療法。

先日の事。。。夜の寝る前になって突然唇が腫れてしまった三女^^;; 「ぱぱ〜。。なんかくちがは

記事を読む

我が家では日常的にこんな風にレイキヒーリングをしています。三女の腹痛でも^^

皆さん、こんにちは。 さて今日は基本的にオフ。 ということで、ちびっ子たちと公園遊び中^

記事を読む

自宅で空腹感の無い3日断食無事終了♫ 断食明けの食事は野菜ジュース・お粥の順番で^^

みなさんこんにちは。直傳靈氣師範のトキこと眞田時成です。 不摂生と食べ過ぎ飲み過ぎの一年・・身

記事を読む

断食に挑戦中。余命期限を過ぎた父 肺腺癌の在宅医療・民間療法と遠隔治療

今日は朝から近所の漁港へワカメの収穫に行ってきました^^ 昨年末に種付けしたワカメちゃん、メッ

記事を読む

ふくらはぎが痛くて歩けない・足がつけない 肉離れを早く治す治療方法の研究事例①

一昨日の事ですが、大阪まで出張があり移動している途中の事でした。 新大阪で御堂筋線に乗り換えの

記事を読む

臨月の妊婦さんの肋間神経痛の治し方

こんにちは。レイキマスター、直傳靈氣師範の眞田時成です。 広島で

霊障を取り除く方法(除霊の仕方)

今回は霊的な体調不良の解消方法をお伝えします。 参考までに除霊で

2021年 12月11.12.13 広島レイキセミナー / 直伝レイキ 初伝・奥伝( 直傳靈氣公式)セミナー開催

みなさんこんにちは。 jikiden-reiki 直傳靈氣 師範のト

2021年 8月 広島レイキセミナー 心の癒やし・遠隔治療法技術習得セミナー / 直伝レイキ 奥伝習得( 直傳靈氣公式後期)セミナー開催しました。

みなさんこんにちは。 jikiden-reiki 直傳靈氣 師範のト

2021年5月(日曜開催)広島レイキセミナー / 直伝レイキ 初伝習得( 直傳靈氣公式)セミナー開催しました。

みなさんこんにちは。 jikiden-reiki 直傳靈氣 師範のトキ

→もっと見る

  • 眞田流整体院のオフィシャルLINEからセミナーや施術のご相談も賜ります^^ 友だち追加
  • 掲載している施術内容や改善のレポートは僕の体験に基づくもので効果や改善を保証するものではありません。またアロマや古代療法など記事に書いてある施術をされる場合は自己責任でよく調べた上お試し下さい。ブログ内容に関する模倣に原因する症状や問題に関しては全て免責とさせて頂きます。ご理解ご了承の上ブログ記事をお楽しみくださいませ^^
PAGE TOP ↑