*

常識と非常識 肺腺癌で在宅医療・自宅療養は非常識か?入院は常識か・・。入院すべきか?

遂に入院することになってしまいました。入院をせずに自宅療養を続けながら、水が何日も飲めなくなったり、歩けなくなったり・・少しだけ水が飲めるようになったり・・バナナが食べられるようになったり・・そんな一進一退を繰り返していました。

その辺は、先日までのブログ「肺腺癌の父の闘病状況と結界の張り方」から…あと2~3日の寿命…に書きましたが、本人は辛いとは思うのですが、訪問で来るお医者様が、後2日、今週いっぱいもてば・・と毎回言って下さる寿命宣告の期限を超えて、なんとか過ごしていました。

体調を崩したのは肺線維症の薬を飲み始めてから

自宅療養でも、毎日をなんとか普通の生活を送っていました。もちろん、歩くのも大変、痛みもある。

そんな中で「なるべく薬を飲まないように、なるべく痛み止めに頼らないように」と頑張っていました。

ところが、ある日を堺に歩けなくなり、顔色も悪く、体温も下がってしまいました。

直傳靈氣_家庭の代替医療・家庭療法を考える-肺腺癌の民家療法枇杷灸

枇杷灸に通えるくらいの体力もあった。

その堺になったのはお医者様から「肺線維症と診断され、肺線維症の薬を飲んでから」

直傳靈氣_家庭の代替医療・家庭療法を考える-肺腺癌の民家療法塩野義製薬   特発性肺線維症について

肺線維症の薬には「免疫抑制剤」などを使うとのことですが「免疫抑制剤の副作用は、なんと肺線維症と肺腺癌」なのです。

不思議なことです。肺腺癌の父にわざわざ肺線維症の薬を処方する意味が分かりません。今まで癌に対する化学療法を拒否していたからでしょうか?

そして、その薬を飲み始めてから殆ど水も飲めない、ベッドから起き上がれない、本当に病人のようになってしましました。

 

そんな状態になってしまったので、薬を飲むのをやめさせ、僕達に出来る代替医療・在宅医療としてレイキヒーリングや霊授を行ったり、体温を上げるようにしたり・・そんなお手伝いをして、水が飲めるようになったり、またバナナが食べられるようになったりした時期もありました。

そしてそんな状態の時に、父の親類が訪ねて来て・・・

常識的に考えて、こんな状態ならすぐに入院させなければ

という判断をして、入院させてしまったのです。

入院の際に母から電話があり「これから、入院させることになったから・・」

僕は「何かあったの?」

母「一昨日から、あまり水も飲めない。」

僕「?」「今、始まったことでもないし、それでも2ヶ月近く過ごしてるじゃん」

「入院したら、薬をいっぱい使ってくれて、痛みもなく、よく眠れて・・二度と起き上がれない状態になって、もう二度と戻って来られなくなるけど、それでいいの?」と言ってはみたけど、結局は入院することになってしまいました。仕方の無いことだと思いますが。。。

一般的な常識の判断と非常識

多分・・。一般的な見地で見たら、やせ細って水も飲めない父をみた父の親類は「このままじゃ、死んでしまうからすぐに入院させなければ」と思ったんだと思います。

それって「入院させないのは非常識」という一般的な見地だと思うんです。

でも、入院した病院はいわゆる「緩和ケア」=痛みや苦しみを少なくして死を待つ 早く旅立つための病院なんです。

そこに「治療や癌を治すという概念」は存在しないんです。(僕の勝手なイメージですが・・)

入院の翌日に母から電話で「あと2日もたないらしい・・」と言いながら涙ぐんでいましたが

僕は「その寿命の宣告何回目?あと2日、今週いっぱい・・そう言われながら何ヶ月たってる?」

そしてお父さんと電話で話をして「なるべく必要ない薬は飲まないでね。」という話をして

僕や僕の仲間は直傳靈氣での「遠隔治療」を、さらに松山の仲間が毎日通ってレイキヒーリングをしてくれて、お医者様が毎回言うところの余命宣告の期限を過ぎてもまだ、生きています。

お医者様は「奇跡だ」と毎日言っているそうです。

でも、母から聞くと、痛み止めの座薬や、睡眠薬の投薬のサイクルがどんどん短くなって、声もうまく出せなくなって、寝ている時間も増えています。

 

もう「頑張って」とは言ってません。充分に「頑張ってる」と思うんです。

父とは、電話でなんとか話が出来たのですが「諦めないでね^^」と。

まだまだ、諦めず出来ることを精一杯させて頂きたいと思います。

 

諦めない。

そんな本人の気持ちと、周りの人の諦めない気持ちが、とっても大切なように思いますが、苦しいのは本人。この状況では流石に少し悩みます。

 

ps

主治医のお医者様と色々とお話しをさせて頂いて・・・

入院されて少しでも楽にされては如何ですか?と以前に言っていただきましたが

それって=化学療法での治療や代替医療での自然治癒力の回復などを期待せず、麻酔などで痛みや苦しみも無くして楽に死なせたら・・という意味なのですが

一般的な常識の判断で、父の現状を見て「入院させないでいい」という判断は、相当に苦しいと思います。

ましてや父の親類が「なんで入院させない?」と母に問い詰めたら、母は答えられなかったと思います。

でもね・・・

突然に見舞いに来て表面的な状態だけを見て、緩和ケアのこともあまり知らないで「入院させなきゃ!」と言うのもどうかと思うし

入院させずに、あのまま自宅療養を続けることを強要するのもどうだったのかとも思う。

もう入院してしまっているので「今、僕に出来る事」は遠隔でのレイキヒーリングだったり、電話だったり、お祈りだったり・・そんな事だけですが神様との約束の寿命の日まで精一杯お手伝いさせて頂きます。

 

 

 

治療革命 心身改善眞田流・心・身体・霊(たましい)を総合的に調える施術で健康のお手伝いをさせて頂いております。

眞田時成 直傳靈氣師範・腱引き師・古代療法師
眞田時成 直傳靈氣師範・腱引き師・古代療法師
こんにちは!代替医療の知識と技術で肩や腰・首・脚などの痛み・コリ・冷えの緩和や長引く療養・原因不明の体調不良改善のお手伝いや難病治療の研究をさせて頂いている心身改善 眞田流整体療術院の眞田時成です。
プロカメラマン出身でマーケティングコンサルタントとしての仕事を経て22年以上代替医療の研究を続けています。今までで実際に改善効果のあった施術や知識をまとめ、真の統合医療に繋がり治療革命となるように心身調整眞田流として、身体・心・霊(たましい)の総合的な癒やしと体調改善の施術を広島の八丁堀近くでさせて頂いています。

長い間 体調が優れずお困りの方は諦めずにご相談下さい^^

頭から身体を調える
腰痛専門士・頭痛改善のプロ
痛み・コリ・冷えの改善お任せ下さい。

眞田流整体療術院
施術受付のお知らせ
広島市中区八丁堀・女学院前電停前にて痛み・コリ・冷えの緩和・不調改善のお手伝いをさせて頂きます。

詳細はホームページを御覧ください。

眞田流整体療術院ホームページ


現在は施術の他にセラピストや施術家・美容師の方々の能力アップ、そして家庭療養・自宅介護にも役立つレイキヒーリングのセミナーや実践で効果的なレイキヒーリングの方法を伝えるセミナー、「頭から身体を調える ラウラウ Laulauという技術 」のセミナーをスパニストさんやセラピストさんなどにさせて頂いていています。

このブログでは自分や家族、仲間に健康でいて欲しい。そんな想いで22年以上続けて来た代替医療の研究。自分で実際にやってみて効果のあった代替医療施術の方法や実例をブログを通して沢山の人に伝えて行きたいと思います。
レイキやLaulauラウラウの施術やセミナーは日本全国・東京・広島・松山・石垣島などで行っております。
また僕の思う本物のレイキとは、系統や種類ではなく「本当に癒せるレイキ」です。西洋レイキでも日本のレイキでも本当に癒せるなら本物のレイキになると思います。僕は縁があって治療の技術がきちんと伝えられている直傳靈氣を真剣に取り組んでいます。
皆さんと一緒に癒やしの和を広げていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。



詳しいプロフィールはこちら

レイキとは?

古代療法とは

現在開催決定のセミナースケジュールはこちらを御覧ください。

関連記事

ぎっくり腰や腰痛も遠隔で改善出来ました^^。腰痛改善施術の研究事例 英ちゃんからぎっくり腰でSOS?^^:

昨日のこと。。神奈川県の駒井さんからFacebookでSOS! 腰が痛くて動けないようでした^^:

記事を読む

膝の痛み解消と花粉症の不快な症状の解消を古代療法と古代文字ホツマツタヱのヲシテ文字を使って治療する研究

さて今回は古代療法とホツマツタヱのヲシテ文字の治療活用への実験レポートです。 数年前に腹痛のカ

記事を読む

目眩を自宅療養で緩和する研究事例 ・レイキヒーリングと血圧の関係

さて、昨年の年末の事ですが・・夕方に母から僕の携帯に電話があって、「目眩が酷くて動けないので、とても

記事を読む

広島 レイキセミナー 2016年 6月 4.5 レイキヒーリング初伝 前期1.2.3習得・直傳靈氣セミナー開催

みなさんこんにちは。 jikiden-reiki 直傳靈氣 師範のトキこと眞田時成です。

記事を読む

パンに入っているイーストフードの危険性・そもそもボクは必要ないと思うんです。

みなさんこんにちは。眞田時成です。   今年も恒例の年末のお買い物。。。

記事を読む

未来医療研究会第一回合宿に参加して来ました② 龍王峡散歩で凄いエネルギー☆

こんばんは。古代療法師・直傳靈氣師範の眞田時成です。 昨年 2014年の10月の事ですが・・す

記事を読む

開催レポート②♬ 古代療法・直傳靈氣 レイキと古代療法の体験施術会を玖珠町の美容室エイルさんでさせて頂きました。2016/05

昨日書きました施術会レポートの続きです^^ 玖珠市の未来型美容室eir(エイル)さんで体験施術

記事を読む

広島 レイキヒーリング技術習得セミナー 2018年 8月13.14 直伝レイキ 初伝奥伝( 直傳靈氣公式)セミナー開催

みなさんこんにちは。 jikiden-reiki 直傳靈氣 師範のトキこと眞田時成です。

記事を読む

リウマチや膠原病の痛みを胸骨の位置調整で緩和する研究事例

さて、先日の事ですが松山にいる母のところに子供たちと行ってきました。数年前から膠原病とかリウマチとか

記事を読む

体験施術会レポート レイキヒーリング体験&直傳靈氣(直伝レイキ)技術復習・練習会・交流会 愛媛県 松山市 2016.07.31

愛媛県の松山市で直傳靈氣(直伝レイキ)修了者対象の復習会とレイキの系統を問わず参加できる練習会・レイ

記事を読む

  • 掲載している施術内容や改善のレポートは僕の体験に基づくもので効果や改善を保証するものではありません。またアロマや古代療法など記事に書いてある施術をされる場合は自己責任でよく調べた上お試し下さい。ブログ内容に関する模倣に原因する症状や問題に関しては全て免責とさせて頂きます。ご理解ご了承の上ブログ記事をお楽しみくださいませ^^
PAGE TOP ↑